カーペット洗浄

料 金

作業内容

①除塵・汚れの確認と洗剤の選定散布

洗剤の散布

前処理として全体を掃除機掛けし出来る限り除塵ます。
カーペットの形状をや汚れの状況を確認しながらに応じた洗剤を選びます。
カーペットの毛立ち・汚れの状況を部分的に洗剤との相性をモニタリングしながら洗剤を散布し前処理とします。

②機械洗浄・部分洗浄

ポリッシャー洗浄

カーペットの形状(毛立ち)に応じてブラシ・マイクロタオル等のパッドで機械洗浄して汚れを揉み出していきます。
狭い部分や局所的な重度の汚れは手作業でブラシを使用して洗浄していきます。

③汚水吸引・すすぎ中和作業

リンサー汚水吸引

洗剤と洗浄によって浮き上がらせた汚れと洗剤を含んだ汚水をリンサーと呼ばれる機械でバキューム吸引していきます。
同時に濯ぎの清水を噴霧しながら洗剤成分を中和しながら吸引を繰り返します。

リンサー汚水① リンサー汚水②
パッと見でそれほど汚れていないように見えるカーペットもリンサーで吸引した汚水は真っ黒になります。カーペット上に持ち込まれた土や綿ぼこり、紙くず、食べ物カス等が蓄積した汚れになります。

④乾燥

洗浄後の乾燥

その日の天候や季節にもよりますが乾燥に1日程度かかります。
作業直後に業務を行う際はスリッパの着用をお願いすることとなります。

施工事例

備考


コジワンサービス(株)

問合せ見積依頼