代表メッセージ

代表メッセージ

業界でも珍しい正社員雇用・100%自社施工を目指す

お客様側・取引企業様からすると『信頼される業者、職人がいない』『注意しても改善してくれない』『アルバイト同然の人が来た』、ハウスクリーニングや建築・リフォームといった生活関連サービスのこの業界でよく耳にする良くない評判です。

またそれに従事する会社や働く側からも『人材が定着しない』『人を育てられない』『生計を立てていくのが難しい』業界だというレッテルがあります。

当社はそんな業界で『正社員雇用』『自社育成』『100%自社施工』にこだわっているちょっと珍しい会社です。同業他社を見渡しても同じことをしている会社は見当たりません。

業界のほとんど、9割以上と言っても過言では無いくらいの業者が『一人親方』と言われる個人事業主か、フランチャイズ店の店長と言う名のこれまた事実上の一人親方です。そして使用しているスタッフはアルバイトや日雇いのその時限りの助手要員です。
これが業界の「良くない評判」「レッテル」の原因ともなっています。

私は、当社が『正社員雇用』『自社育成』『100%自社施工』にこだわるに至ったのは、サービスの質を向上させる、人材を育成する・定着させる、人生設計を描ける職種とする、それらの課題を克服していくためには、その仕事に従事するスタッフ・社員が安心で幸せを感じることが出来なければ、お客様に対して満足いくサービスを提供することは出来ないということに気づいたからです。

『この仕事にやりがいを感じる』『この会社で仕事に対して自信を持てた』『この仕事、この会社で人生を豊かにして行ける』『会社・職場の居心地が良い』働く社員・スタッフにそう感じてもらえるような会社づくりこそが『顧客満足』につながると考えています。

生活支援サービスの今後の可能性

ハウスクリーニングやエアコンクリーニングにとどまらず、現在当社では生活支援サービスとして、家具の組立・分解・回収、お墓の草引き、空き家の巡回、家事代行、不用品整理・片付け、介護における保険が適用できない範囲の身の回りのサービスも展開し始めています。

これは少子化、母子・父子家庭・共働き世帯の増加、高齢化社会、介護問題、過疎化、行政サービスの削減、労働集約型産業における人手不足、等々による様々な諸問題・ニーズは年を追うごとに高まっています。

生活支援サービスの必要性の高まり

AIや機械化・自動化が加速度的に進むであろう将来に、逆に機械やロボットで代替できない『人にしか出来ない』『人にしか提供できない価値』が今後一層求められていく時代''です。

その需要、期待に応えられる会社・スタッフでありたい、そのために日々精進しています。

企業理念

ペイフォワードの精神

ペイフォワードの精神

『ペイフォワード』これは私のハウスクリーニングの師匠とも言うべき方に教えていただいた言葉・概念です。
「知縁も何もなかった私にどうしてそこまで指導してくださるんですか?」と師匠に聞くと、「ペイフォワードだ」と。
続けて、「ハウスクリーニングの技術でこれから人生を切り開いていきたいという真面目で一生懸命な後進の者がいたら、損得はとりあえず置いておいて、余裕の出来た先行している者が教えて導いてあげるべきだ。こういう考えをな、ペイフォワードと言うんだ」
とおっしゃって、私はビリビリビリーーーッと雷に打たれたように感銘を受けました。

家に帰ってペイフォワードという言葉を調べてみると、アメリカで『Pay it Forward』という映画が作られていて、それが語源というか、そこで定着したことばのようです。

人から受けた厚意(親切)を、その相手に返すことを「ペイ・バック」と言い、

受けた厚意を受けた相手に返すのではなく『次へ渡す』ことを「ペイ・フォワード」と言う、と。

人は他人から厚意を受けた場合、その相手にお返しをしようとします。もちろんそれはそれで素晴らしいことなのですが、その厚意は当事者間のみで完結して終わってしまいます。
しかし、その厚意を受けた相手に返すのではなくて、次の人に別な形で、出来れば複数の人に『渡して』いくことが出来たら、素晴らしいプラスの循環が作れるのではないかと考えています。

  • ペイフォワードの精神は

『顧客満足度につながる接客・接遇』

喜んでいただける接客手法やサービスが見つかれば、他のお客様にもどんどん展開していくこと、これもペイフォワードです。誰かのお困りごとにはまた別の誰かのお困りごとでもあるはず。それを見つけて解決していくこと、これもペイフォワードでしょう。

『会社づくり・人材育成』

経験を積んだ先輩・ベテラン社員が新人に自身の技術・経験・ノウハウ・得た教訓を惜しげも無く伝えていくこと、これもペイフォワードの精神です。人材育成は、仕事だから、業務だから、新人担当だから、指導係だから、という責任感だけでは良い結果は得られません。会社から、お客様から、先輩社員から受け継いだもののおかげで自分の人生が好転したきっかけを「次に渡して行く」連鎖をつくる、それが会社づくり・人材育成だと考えてます。

そういったものすべてに通じる精神だと考え、当社の企業理念としています。

代表者プロフィール

代表取締役 田中進

  • 代表者 :田中 進(たなか すすむ)
  • 年 齢 :1974年12月生まれ
  • 出身地 :生まれ育ち長野県のち東京~神奈川~大阪
  • 座右の銘:
    • 人間万事塞翁が馬
    • 我以外皆我が師
  • 趣  味:バレーボール他スポーツ観戦、スイーツ(甘党)

格好いいこと言ってますが、現実は失敗・苦労の連続です…

実録 創業奮闘記ブログ

代表者メッセージや企業理念等で格好いいこと言ってますが、創業以来、経営者としても、一サービススタッフ・職人としても失敗や苦労の連続です…。
苦い経験、情けない経験、教訓、恥ずかしい思い、私・当社の経歴代わりに書き溜めております。

実録 創業奮闘記
↑それでも諦めず、泥臭く、粘り強くやっている様をご参照ください!