ハウスクリーニング専門店|大阪

風呂釜洗浄|大阪・神戸・奈良・京都

風呂釜配管・循環口分解洗浄

市販の洗剤では落としきれない風呂釜汚れを落とします!

風呂釜配管洗浄

[check]中古マンション・戸建を購入し中古の浴室を使用する
[check]出産前後のお母さん、赤ちゃんの入浴が気になる
[check]お風呂の追い炊き機能をよく使う

これらのお客様には風呂釜・循環口金具の洗浄がおススメです!

循環口金具分解洗浄

当社の風呂釜洗浄はここがポイント

①循環口金具を取外し・分解洗浄します!

  • 循環口金具は浴槽と風呂釜をつなぐ窓口で、フィルターの役割を果たしています。そのため内部に湯垢や皮脂汚れがスライム状に汚れが蓄積し、雑菌の温床になっている場合があります。
  • 分解をしないまま市販の風呂釜洗剤を循環させるだけでは汚れは取りきれません。
    【循環口金具内にはスライム状の蓄積した汚れが多く溜まります↓】
    スライム付着洗浄後(洗浄後)
    【パッキン部分にも汚れの蓄積が起きています↓】
    パッキン汚れ洗浄後(洗浄後)

②マイクロバブルで洗浄効果アップ!

  • 当社独自の風呂釜配管洗浄洗浄用洗剤とマイクロバブル混合システムで洗浄することで、市販の風呂釜用洗剤を使用した洗浄よりも、洗浄効果を大幅にアップすることを実現しています。
  • マイクロバブルの帯電作用・疎水性により汚れに対しマイクロバブルが積極的に吸着し、気泡表面に汚れを取り込みます。
  • また、マイクロバブルの気泡圧壊時に発生する作用により、汚れの膜を破壊するとともに、菌・ウイルスを不活性化することが出来ます。
    マイクロバブル マイクロバブル例

【マイクロバブルの洗浄原理】

マイクロバブルの洗浄原理①

図①
高密度のマイクロバブルを混合させた洗剤を風呂釜配管に循環させます。

マイクロバブルの洗浄原理②

図②
帯電性・疎水性を持つマイクロバブルの特性により、汚れに対し吸着してい行きます。そして気液海面である気泡表面に汚れを取り込みます(石鹸の泡が、泡によって汚れを取り込み再付着させない原理と同じです)。

マイクロバブルの洗浄原理③

図③
また水流により風呂釜配管内壁面の汚れにマイクロバブルの泡が衝突し、気泡圧壊が起きる衝撃ににより汚れを配管内壁面より剥離していきます。

マイクロバブルの洗浄原理④

図④
風呂釜配管内をマイクロバブルと洗剤の混合液が撹拌され、①~③が繰り返されることで、汚れを取り込んだマイクロバブルの泡とともに風呂釜配管内壁面の汚れが剥離され洗浄されていきます。

③塩素系不使用の安全な洗剤使用で配管を傷めません!

安心安全施工
  • 塩素系を含んだ洗剤を使用しないので配管や風呂釜への負担がかかりません。そのため、洗浄後に塩素系洗剤特有の刺激臭が残るようなこともありません。
  • また自然由来成分配合の生分解性の高いエコ洗剤を使用するため、濯ぎ効率を大幅にアップができ、洗浄後も安心して入浴が可能です。

料 金

新生活応援キャンペーン価格でご提供!

通常価格 ¥18,000  ¥15,000 でご提供!

浴室全体クリーニングとセットでご依頼の場合はさらにお得に!

浴室クリーニング ¥15,000

風呂釜配管洗浄 ¥15,000

=

¥30,000  ¥25,000 でご提供!

問合せ見積依頼

プロによる風呂釜配管洗浄の必要性

お風呂のお湯の雑菌の原因は風呂釜(追い炊き)配管にあり!

毎日のお風呂掃除は欠かさず行っているご家庭のお風呂でも、お湯はりによってはられたお湯の中の雑菌を調査してみると、大腸菌群ブドウ球菌、その他、マイクロコッカス属、バシラス属、シュードモナス属といった様々な菌が確認されるケースがあります。
これはバスタブ(浴槽)の掃除が不十分なことよりも、風呂釜の追い炊き配管内においてそれらの菌が繁殖していることが原因です。

特に、お湯はりをしたりしなかったり、長期間お湯はりをしなかった場合に菌の繁殖が大量に起きます。ある実験調査によっては3日間お湯はりをしなかっただけで雑菌が50~450倍になったという調査結果があります。
これは、毎日浴槽に新しいお湯をはる使い方であれば配管内に残る水が菌が増殖する前に入れ替わりますが、お湯はりを使用しなければ配管内に残った水分に雑菌が時間を置くほどに増殖していくことが理由です。
また住まいの築年数(風呂釜設備の古さ)によっても古くなれば古くなるほど風呂釜配管内の雑菌数が増加する傾向にあるという調査課結果もあります。

免疫力の低い赤ちゃんや免疫力の低下した方は要注意

それらの菌に対し、人間は通常持っている免疫力・耐性によってすぐさま健康に異常をきたすことは稀ですので、必要以上に過敏になる必要もありません。
しかし、免疫力の低い産後間もない乳幼児の赤ちゃんや、加齢による免疫力の低下した方、アレルギー症状を持つ特定条件下で免疫力が発揮されない方などは浴槽のお湯の中の雑菌にも留意する必要があります。

市販の洗剤だけでは不十分な理由

[check]循環口金具の分解洗浄が必要です
循環口のフィルターカバーを外すと循環口金具が写真のように見えますが、例えば下記写真左のような見るからに汚れた循環口金具もそのままの状態で洗浄しても写真右のように一見綺麗になったように見えます。
しかし…
循環口カバー → 循環口金具洗浄前 → 循環口金具洗浄後

循環口金具を取り外してみると、金具を固定していたパッキン(写真左)とその周辺の汚れは全く落ちていません。さらに循環口金具を分解してみると、内部には皮脂汚れや石鹸カスやスライム状になった湯泥がべったりと残ったまま(写真右)です。
循環口パッキン汚れ 循環口金具内部汚れ

市販の風呂釜洗浄剤ではこの汚れを取りきることは出来ません。この汚れを取り除かないと循環口金具内でが雑菌の繁殖の温床のままです。

[check]プロは洗剤濃度・洗浄時間・回数を適切に調整します
当社の施工においては、築年数や溜め湯・追い炊きの頻度等をヒアリングの上で、現状の汚れの状況に応じて洗剤濃度を適正に調整し、排出される汚水を見ながら洗浄時間や回数を調整します。
また洗浄後の重要な工程である「濯ぎ(すすぎ)」も、きちんと汚水が排出されたこと、洗剤が濯がれたことを確認いたします。せっかく配管洗浄をしても汚水の排出や濯ぎが不十分ですとせっかくの除菌・洗浄効果が低下してしまいます。
よくある「市販の風呂釜洗剤を使用した後に、以前にも増して湯泥や皮脂汚れのようなカスが風呂釜から出てくるようになった!」というのは上記の作業を適切に行っていないために起こっています。

施工に関する注意点

  • 入居前の住まいでの施工の場合、事前にガスの開通が必要となります。
  • 一つ穴タイプの風呂釜が対象となります。二つ穴タイプの風呂釜は対象外となります。
  • 風呂釜給湯器の経過年数によっては施工をお断りする場合がございます。

作業に関する保証と事前の動作確認について

保証については8年以上経過した配管設備ですと保証の対象外となります。
また、配管経路における事前の水漏れの有無の確認は当方では出来ませんのでその点も保証はいたしかねます。これは「当社では」と言う意味では無く、配管は隠蔽された室内床下を通っている場合もあり、物理的に確認が出来ないためです。

基本的に風呂釜配管洗浄は配管や部品に圧力をかけるような作業は一切ありません。通常の浴室給湯機器の動作の中で行います。
唯一、付け外しするのは循環金具となります。水漏れ保証の対象となるのはこの配管とバスタブを固定している部分のみとなり、ここがパッキンの劣化によりシール性が低下するためで、前述の8年という目安となります。ちなみに本作業においてパッキンの付け外しはいたしません。

浴室内にある操作パネルにて動作確認は行いますが、確認内容としては、操作通りお湯が出る出ない、エラー発生の有無の確認等、操作パネルの動作上のみとなります。
給湯設備全体に対する保証はいたしかねます。


作業時間目安

  • お伺いするサービススタッフ:1名
  • 作業時間目安:約1時間

    問合せ見積依頼


コジワンサービス株式会社

☎ 050-3786-8119

代表直通☎ 080-4232-8119

ソフトバンク携帯です↑

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional